苦味と香りに、春を感じる。フキノトウをどうぞ

まだ寒さの残る六合村ですが、敷地内の温泉が通っている場所は土が温かいようです。
そこに出てくるのが、フキノトウ。
緑の頭をもたげ、我一番にと春を告げてくれます。

やはり何はともあれ、天ぷらに。

サクっと噛めば、一瞬で口の中に香りが広がり、続いてやってくるのがこの苦み。

「春が来た~!」

まだ少ししか採れませんが、ふき味噌も作りました。

ふき味噌は、このままでも美味しいですし、いろいろな食材と合わせてもまた美味。

昨年は「ふきのとうの手作りお菓子でお出迎え」でご紹介したように

ウェルカムドリンクとともにお楽しみいただきました。

「たくさん採れたら、また、ふき味噌のパイを作りましょう」と大女将が首を長くして待っています。

私も早く食べたいです♪