毎朝、心をこめてお花を活けています。

2017年4月に星ヶ岡山荘をオープンしてから、毎朝の習慣ができました。

庭先を歩き、「今日はどんなお客様がいらっしゃるかな…」と思いを巡らせながら花を選び、活けることです。

紫陽花をお部屋に活けたり・・・

ヤマボウシを枝ごと玄関ホールに活けたり・・・

裏庭に咲いていたテッセンを廊下のかけ花にしたり・・・

忙しい毎日だからこそ、心静かに植物と向き合う朝のひとときが、私にはとても大切に感じられます。

日によって、目に映るものが違います。

あの花この花の美しさを、みなさまに愛でていただけたらと思い、心柔らかく自由な発想で活けています。

ドライフラワーではなく、お花屋さんで買うのではなく、身近な自然の花々を・・・。

長年、草津ホテルで父と母が実践してきた花の楽しみを、私もここで引き継いでいます。